一般歯科・小児歯科

歯が痛い!しみる!と感じたら早めに治療を~一般歯科~

歯に少しでも痛みがあったり、しみたりといった異変を感じた場合、虫歯になっている可能性が高いです。虫歯は自然治癒しないばかりか、進行すると天然歯を削る治療が必要となり、歯を削ると長い目でみて歯の寿命を縮めることになります。早期発見・早期治療ができれば、自分の歯を末永く健康に使い続けることが可能。気になる症状があれば、どうぞお早めにご来院ください。

虫歯の原因と予防

虫歯になるには、次の4つの要因があります。

虫歯菌

虫歯菌は歯垢(プラーク)の中に生息しています。

お口に残った糖分

虫歯菌はお口の中に残る糖分を栄養源として「酸」を出します。

虫歯に弱い歯質

虫歯菌の出した「酸」によって歯が溶かされるのが虫歯。歯質が弱いと虫歯になりやすいので、要注意です。

ブラッシング

虫歯菌が活発化するのは、食後30分ほど。それまでにブラッシングで糖分を落としましょう。

虫歯にならないためには、このような要因を重ねないことが大切です。お口の中から虫歯菌を減らす、食後の口腔内に糖分を残さない、虫歯に強い歯質をつくる、そして適切なタイミングのブラッシングを心がけましょう。

虫歯は感染症だって、知っていましたか?

虫歯は虫歯菌を原因とする感染症。しかし、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌は存在しません。日々の生活の中で、食器やタオルの使い回しやキスなどのスキンシップを通じ、唾液を介して赤ちゃんに虫歯菌が感染してしまうのです。

何よりも大切なのは、ご家族のお口の中から虫歯菌を減らすこと。お子さんへの感染だけでなく、ご自身のお口の健康にも役立ちますので、どうぞご家族でお口の中から細菌の数を減らす予防歯科メニューをご利用ください。

虫歯の進行と治療

  虫歯の進行状態 症状 治療法
C0

ごく初期の虫歯

ごく初期の虫歯

歯の表面のエナメル質が白濁しています。穴や変色もありません。痛みなどの自覚症状もまだありません。 歯の再石灰化を促すフッ素塗布や、適切なブラッシングで進行を抑えられたり、場合によっては治癒が期待できたりします。
C1

エナメル質の虫歯

エナメル質の虫歯

エナメル質が虫歯菌の出す「酸」によって溶かされています。表面に黒ずみが見えますが、まだ痛みはありません。 虫歯によって溶かされた部分、汚染されている部分を削ります。削った後は、白い樹脂(レジン)で埋めて補います。
C2

象牙質の虫歯

象牙質の虫歯

エナメル質の下層にある象牙質まで溶かされている状態です。冷たいものばかりか甘いものもしみたりします。 C1同様に、虫歯になっている部分を削ります。削った部分には、白い樹脂を埋めるか、インレー(詰め物)で補います。
C3

神経まで達した虫歯

神経まで達した虫歯

歯の歯髄(血管や神経)まで虫歯菌に汚染された状態。冷たいものや甘いものだけでなく、熱いものもしみます。何もしていなくても激しい痛みを感じることもあります。 歯髄を取り除く根管治療が必要です。歯の大部分を削って失うことになり、治療後はクラウン(被せ物)で補い歯の機能を回復させます。
C4

歯の根まで達した虫歯

歯の根まで達した虫歯

歯の大部分が溶かされています。神経がないため、痛みは感じなくなりますが、歯の根に膿が溜まると、再び激しい痛みに襲われます。 ここまでくると、抜歯が必要となります。抜歯後は、インプラントや入れ歯といった補綴(ほてつ)治療で歯の機能を回復させます。

親知らず・顎関節症・口内炎のお悩みも岡村歯科へ

親知らずの抜歯や顎関節症などによる顎の痛み、しつこい口内炎などの治療も当院へご相談ください。その他にも、舌や唇、頬などお口周りの外傷、歯牙移植、口腔内のできものの診断・治療なども行っています。難しい症例の場合は、信頼のおける専門医をご紹介します。

お子さんの大切な歯を虫歯から守る~小児歯科~

お子さんの歯は、乳歯が生え始めたときから虫歯になるリスクを抱えています。しかし、生後半年の赤ちゃんにとって、自分自身で歯を虫歯から守るとことは不可能。そこで大切になるのが、親御さんの手助けです。虫歯についての理解を深め、お子さんの大切な歯を虫歯から守ってあげましょう。

また、乳歯は永久歯に生え変わるから虫歯になっても大丈夫、とお考えの方もいらっしゃいますが、それは間違い。乳歯に虫歯がある子とない子では、永久歯が虫歯になる確率は約10倍の差がついてしまうのです。乳歯の時期から虫歯にならないよう、また、虫歯の早期発見・早期治療ができるよう、お子さんが歯科医院に苦手意識を持つ前に、歯医者さんに慣れさせてあげましょう。

岡村歯科の小児歯科の特徴

当院では、小さなお子さんには、まずは歯医者さんに慣れてもらうことを大切に考えています。嫌がるお子さんに無理やり治療を行うということはありません。お子さん一人で診療を受けるのが不安な場合は、親御さんに同席をお願いしています。また、治療をがんばった子には、ささやかですが、ごほうびのおもちゃを用意しています。

小児歯科の場合は、治療よりも予防が重要。予防処置には痛みはありませんが、緊張して泣いてしまうお子さんもいます。だから、岡村歯科では、常にお子さまへのことばがけに注意し、お子さまでもリラックスできるように努めています。

小児歯科メニュー

ブラッシング指導

お子さんの発育に合わせて、適切なブラッシングの方法を指導します。自分できちんとみがけるようになる10歳くらいまでは、親御さんの仕上げみがきも不可欠。仕上げみがきのコツについてもご説明します。

シーラント

虫歯になりやすい奥歯の上部にある溝を、あらかじめ歯科用樹脂(レジン)でふさぐ処置です。細く複雑な溝を樹脂で覆うことで、ブラッシングもしやすくなり、食べかすがたまるのを防ぎ、虫歯を予防します。

フッ素塗布

歯の再石灰化を促し、歯質を強化するフッ素を歯の表面に直接塗ることで、虫歯に強い歯を作ります。生えたての乳歯や永久歯は歯質の層が薄いため、定期的なフッ素塗布が効果的です。

過剰歯の抜歯

本来生えてくる歯の本数よりも多く生えてきた歯を「過剰歯」といいます。他の歯の健康な発育を邪魔することが多いため、ほとんどのケースで抜歯が必要となります。当院では、適切なタイミングで、できるだけ痛みを軽減できる方法で抜歯を行います。

床矯正

乳歯の時期の矯正治療を「一期治療」といいます。一期治療のほとんどは、歯が生えそろうスペースを確保するために取り外し可能な矯正装置を使って顎を広げる床矯正(しょうきょうせい)となります。将来、本格的な矯正治療が必要になったときに、抜歯のリスクが少なくなります。

唾液テスト

唾液を採取することで、お口の中に虫歯菌がどれくらいいるか測定します。虫歯菌の数や質を把握することで、適切な予防処置がご提案できます。

マタニティー歯科にも対応しています

ホルモンバランスが崩れる妊娠中はつわりで食事が不規則になったり、お口の中の衛生状況が悪くなったり、免疫力が低下したりと、虫歯や歯周病が進行しやすくなります。

岡村歯科では、マタニティー歯科も行っています。歯周病が早産を引き起こしたり、お腹の中のお子さまにも悪い影響を及ぼす可能性がありますので、妊娠中の検診と歯のクリーニングをおすすめします。ご予約時、受付時に必ず妊娠中であることをお伝えください。母体に負担とならないような治療をご提案いたします。一般に治療に適した時期は妊娠中期ですが、痛みや出血、炎症があるなど、応急処置が必要な場合も対応いたしますので、遠慮なくご相談ください。

ご自身の歯の違和感や、お子さんの歯に気になることがあれば、お気軽にご相談ください。岡村歯科 06−6229−6480

このページの先頭へ