歯周病

歯周病>

歯周病とは、歯を支える歯ぐきや顎の骨が溶かされていく病気です。歯に軽い炎症を起こす程度にはじまり、最終的には顎の骨を溶かして、支えを失った歯が抜け落ちてしまいます。そのため、日本人が歯を失ってしまう原因第一位といわれ、成人の約8割が罹患している国民病ともいわれています。あなたも歯周病予備軍かもしれません。歯周病の予兆を見逃さず、しっかりケアしましょう。

歯周病をセルフチェックしてみましょう!

歯周病はほとんど自覚症状がないうちに進行します。そのため、何らかの症状に気づいた時点ではすでに手遅れ、ということも少なくありません。次のような症状がないかチェックしみましょう。

  • 疲れると歯ぐきが腫れる
  • 食べ物が歯に挟まりやすくなった
  • 歯ぐきが下がって歯が長く見える
  • 起床時に口がネバつく
  • ブラッシングすると歯ぐきから出血がある
  • 歯ぐきに赤や紫の変色が見える
  • 歯を触るとグラグラと動く
  • 歯ぐきから血や膿が出ている
  • 口臭がきつくなった

気になる症状があれば、あなたも立派な歯周病予備軍の可能性大! 手遅れになる前に、お早めに当院へご相談ください。

歯周病の進行段階

歯周病の進行度は、歯と歯ぐきの間にある歯周ポケットの深さをひとつの目安とします。

歯肉炎(歯周ポケットの深さ:2mm)

歯ぐきに軽く炎症が起こっている状態。ブラッシングすると、歯ぐきから出血があります。

軽度歯周炎(歯周ポケットの深さ:3mm以下)

顎の骨が溶かされ始めます。ブラッシング時の出血に加え、歯ぐきの腫れ、口臭がひどくなっています。冷たいものなどが歯にしみることがあります。

中等度歯周炎(歯周ポケットの深さ:4~6mm)

歯を支える顎の骨(歯槽骨)が半分ほど溶かされています。歯を舌や指で触れると、グラグラしているのがわかります。歯ぐきからの出血、腫れ、ひどい口臭、歯が浮いたような感覚などの症状があります。

重度歯周炎(歯周ポケットの深さ:7mm以上)

歯に触れるとグラグラと大きく揺れ、今にも抜け落ちそうになります。顎の骨はすでにほとんどが溶かされています。また、歯ぐきが下がって歯が長く見え、露出した歯根部の象牙質から刺激が伝わりやすくなっており、知覚過敏の症状もみられます。膿や出血、口臭もひどくなり、放置すると歯が抜け落ちてしまいます。

重度歯周病でもあきらめずにご相談ください

当院では、重度の歯周病治療にも対応ができます。院長は、米国留学時代に歯科先進国アメリカで歯周病学を学び、日本臨床歯周病学会の編集委員も務めております。学会での講演・発表も多く、臨床例も数多く経験してきています。歯周病について不安なこと、気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

歯周病の検査

ポケット診査

歯と歯ぐきの間の溝「歯周ポケット」の深さを測定し、歯周病の進み具合を診断します。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。

歯の動揺度検査

歯を指やピンセットなどでつまみ、前後左右、上下に動かして動揺度を診断します。動く範囲が広く大きいほど、歯周病が進行しています。

レントゲン検査

レントゲン撮影で、顎の骨の状態・骨量、溶かされている状態などを診ます。

歯周病治療

歯周病の治療法は、歯石や歯垢を取り除くことで、歯周病菌を減らして進行を止め、歯周組織の自然治癒力で回復を図ることになります。しかし、重度の歯周病になると、歯ぐきなどの軟組織だけでなく顎の骨などが溶かされており、大がかりな処置が必要となってくることがあります。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

局所麻酔を施し、歯周ポケット内にたまった歯石・歯垢を、専用器具を使って除去します。軽度・中等度の歯周炎に対して行う処置です。

フラップ手術

歯ぐきを切開し、剥離させて歯の根を露出させます。歯の根に付着した歯石・歯垢をしっかり除去し、歯周病に汚染された軟組織を取り除きます。中等度・重度歯周炎に対して行う処置です。

再生治療

再生治療は、歯周病に汚染された組織を取り除いたのち、顎の骨などの再生を促す処置です。硬い組織よりも、歯肉などの軟組織のほうが再生が早いため、骨の再生を促す部分に歯肉の侵入を防ぐため「メンブレン」という膜(GTR法)や、「エムドゲインゲル」というゲル(エムドゲイン法)を使った処置を行います。

レーザー

痛みをできるだけ感じさせないために、当院では、歯周病治療でレーザー治療器を使用して、痛みなく歯肉を切開し、汚染されたもの・目に見えないものを殺菌します。レーザー治療器は使い方によって、治癒を促進したりする効果だけでなく、痛みの緩和などが期待できます。

グラフト

歯周病で大きく顎の骨が溶かされたケースについては、骨移植・歯肉移植に対応しています。

ボーングラフト

歯周病などが原因で、歯を支えていた歯槽骨の吸収が進んでいることがあります。歯槽骨の不足している部分に骨移植を行い、骨の再生を待つという方法です。

ジンジバルグラフト

上顎の口蓋から結合組織を切り取り、歯肉退縮が見られる部分の上皮と骨膜との間に移植します。これよって、歯根を覆う周囲の歯ぐきの厚みを増します。

歯周内科(顕微鏡)

歯周内科は、顕微鏡で口腔粘膜や唾液の中に含まれる歯周病菌の性質や数を調べ、服薬などを通じてお口の健康を維持する方法です。

光殺菌で歯周病菌を完全除菌

当院では、歯周病治療にも光殺菌(P2へリンク)を活用しています。おもに、歯ブラシが届きにくい場所の殺菌で高い効果を示しています。個人差はありますが、治療期間を短縮する効果があり、副作用もないため繰り返しの治療も可能です。

歯周病かな?と思う症状があれば、お早めに当院へご相談ください。岡村歯科 06−6229−6480

このページの先頭へ