Child
お子さんも、お母さんも一緒に歯を守りましょう

小さなお子さんは、食べる物を選んだり自分できちんとお口のケアをしたりすることができません。つまり、お子さんの歯を虫歯から守るには、ご家族の方の手助けが欠かせないといえます。

お子さんも、お母さんも一緒に歯を守りましょう

大阪市中央区、北浜駅の歯医者「岡村歯科」では、お子さんの歯の健康をお守りする診療を小児歯科にて、お口の環境が悪化しがちな妊婦さんの診療をマタニティ歯科で対応しています。

子どものころから長く通われている方もいる当院で、お子さんも、お母さんも一緒に歯を守っていきましょう。当院は地下鉄堺筋線・京阪北浜駅直結、大阪証券取引所ビル内で好アクセスです。

乳歯の時期から虫歯に注意~小児歯科~

初めての乳歯が生えて来るのと同時に、お子さんには虫歯のリスクが生じます。乳歯は永久歯に比べてやわらかく、虫歯になりやすい上に進行も早いのが特徴です。

乳歯の時期から虫歯に注意~小児歯科~

でも、「乳歯はいずれ抜けるから、虫歯になっても問題ないのでは?」と思われる方もいますが、そんなことはありません。乳歯が虫歯になると、永久歯まで虫歯になる確率が約10倍も上がってしまうのです。

お子さんの歯を虫歯から守るには、ご自宅でのブラッシング+仕上げみがきに加え、歯科医院での専門的なケアが必要です。小さなころから小児歯科に通う習慣をつくってあげましょう。

当院の小児歯科の特徴~お子さんが安心できるように~

当院では、お子さんに安心して通院してもらえる医院づくりを心がけています。まず歯医者の雰囲気に慣れてもらうことから始め、リラックスできるようやさしい対応を心がけています。経験・実績の豊富な院長があらゆるケースに対応していますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

ご家族の方の同席が可能です

ご家族の方の同席が可能です

当院では診療スペースを広くとり、ご家族の方にも同席していただけるようにしています。お子さんのそばで、安心できるよう励ましてあげてください。

女医が在籍しています

女医が在籍しています

男性の歯科医師が苦手なお子さんには、女医が対応しています。お子さんの気持ちに寄り添ってやさしく対応しますので、ご安心ください。

治療後のごほうびをご用意しています

治療後のごほうびをご用意しています

治療を終えたお子さんには、ささやかなごほうびのおもちゃを差し上げています。これを楽しみに通っていただいているお子さんも少なくありません。

小児歯科メニュー
ブラッシング指導

お子さんのお口の中は、成長に伴い変化し続けています。一人ひとりの成長段階に適した正しいブラッシング方法を指導します。ご家族の方には仕上げみがきのコツをお教えしますので、10歳ころまでは続けてあげてください。

シーラント

奥歯にある深く複雑な溝は汚れがたまりやすく、ブラッシングをしても汚れが落としにくいため、虫歯になりやすいのが特徴です。そこであらかじめレジン(歯科用プラスチック)で溝を埋め、虫歯を予防します。

フッ素塗布

フッ素には歯の再石灰化を促進し、歯質を強くする効果があります。そこで定期的に歯の表面に塗布し、虫歯に強い歯にします。とくに、虫歯になりやすい乳歯や生え替わったばかりの永久歯に効果的です。

過剰歯の抜歯

通常生えるべき本数より多く生えてきた歯を、過剰歯といいます。過剰歯は、周りの歯の発育を妨げることが多く、ほとんどのケースで抜歯が必要です。当院では、お子さんの負担をできるだけ抑えられるよう配慮して抜歯を行います。

床矯正

乳歯の時期に、後に永久歯が生える際のスペースを確保するために行う矯正治療です。入れ歯のような取り外せる装置を使って、少しずつ顎を広げていきます。この時期の治療を「一期治療」といい、これを行うことで将来本格的な矯正治療が必要になった際の抜歯の確率を下げることができます。

唾液テスト

唾液を採取し、お口の中の虫歯菌の質や数を測定します。一人ひとり異なるお口の状況を知ることで、それぞれに適切な予防プランをご提案できます。

妊娠中には歯科検診を~マタニティ歯科~

女性は妊娠すると、つわりが始まったりホルモンバランスが変化したりして、お口の環境が悪化します。その結果、虫歯や歯周病になりやすくなるのです。

妊娠中には歯科検診を~マタニティ歯科~

でも「妊娠中に歯科治療は受けられないのでは?」と思っていませんか? そんなことはありません。安定期であれば、治療を受けることができます。当院のマタニティ歯科では妊婦さんに配慮した歯科治療をご提供していますので、来院時には妊娠中であることを必ずスタッフにお伝えください。

~お子さんの健康にも影響する「妊娠性歯周炎」に注意~

妊娠中にかかる歯周病を、妊娠性歯周炎といいます。妊娠性歯周炎は、お母さんの歯の健康を脅かすだけでなく、実はお腹の中の赤ちゃんにも影響を与えることがわかっています。歯周病菌が子宮の筋肉に陣痛に似た収縮を起こさせ、早産や低体重児出産を引き起こす確率を高めてしまうのです。

妊娠性歯周炎には、歯科医院での専門的なクリーニングが欠かせません。初期に自覚症状が出にくい病気ですので、安定期に入ったら一度検診を受けにお越しください。