治療の流れ

岡村歯科の診療・治療の流れ

STEP1.ご来院・問診

ご来院時には問診票への記入をお願いしています。お口のお困りごと、治療に対するご希望、健康状態や既往症、生活習慣などをおうかがいします。また、初めてのご来院時には、健康保険証をお持ちください。

STEP2.カウンセリング

ご記入いただいた問診票を基に、カウンセリングを行います。どんな些細なことでも結構ですので、お口のことで気になることがありましたら、率直にお申し出ください。また、治療時にしてほしくないこと、これまでに受けた歯科治療で嫌だったこと、困ったことなどあればお気軽にお伝えください。

STEP3.検査 / 診断

まずは視診・触診を行います。その後、必要に応じて各種検査を行い、現在のお口の状態を確認します。成人の約8割が罹患しているとされる歯周病のチェックも行います。最新の歯科医療設備(P2へリンク)を使って正確な検査をし、適切な診断を行います。

STEP4.応急処置

痛みや出血、腫れなどがありましたら、症状が落ちつくよう先に応急処置を行います。

STEP5.インフォームドコンセント / インフォームドチョイス

当院では、患者さんに治療内容をご説明し理解と同意を得る「インフォームドコンセント(説明と同意)」と、いくつか立案した治療プランの中から患者さんご自身にお選びいただく「インフォームドチョイス(説明と選択)」を重視しています。
STEP3の検査で得られたデータや診断内容をご説明すると同時に、いくつかの治療プランをご提案します。それらをしっかりご理解・ご納得いただいたうえで、ご自身で治療法を選択していただきます。不明な点や気になることがあれば、わかりやすくご説明しますので、どうぞ遠慮なくおたずねください。

STEP6.治療開始

患者さんの同意を得てから治療を開始します。患者さんのご要望や治療プランに基づいて、精密な治療を行います。治療途中に何か不安に感じたり、疑問が生じたりしたときは、いつでも遠慮なくお申し出ください。

STEP7.メインテナンス

虫歯歯周病はじめ、審美歯科インプラントなど、治療後はメインテナンスが欠かせません。当院では予防に力を入れ、患者さんごとに適切な予防メニューをご提案しています。お口の良好な状態をキープするためにも、どうぞ積極的に定期検診をご活用ください。

医療費控除について

「医療費控除」とは、ご自身やご家族が年間に支払った医療費の合計額が一定金額を超えた場合に、一部控除を受けられるという制度。年度末の確定申告時に申告できる所得控除の一種です。高額医療を受けた際には、ぜひ一度思い出してください。

医療費控除の計算方法

{(実際に支払った医療費合計)-(保険金などで補填された金額)}-10万円
=医療費控除の対象となる費用(審美治療を除く)

※所得金額200万円未満の人は、100,000円ではなく、所得金額の5%を差し引きます
対象となる費用
・ご自身やご自身と生計を共にする家族のために支払った医療費
・同じ年の1月1日~12月31日の間に実際に支払った医療費
・治療費と、診療や治療のためにかかった電車代・バス代 など
[一例]治療費として100万円を使用した場合の還付金
年収 給与所得
(給与控除後)
課税所得 税金比較
(所得税+住民税)
税金 実質医療費
課税給与所得 医療費控除使用後 通常:1 医療費控除使用後:2 還付金額1-2
3,000,000 1,920,000 1,540,000 636,000 240,000 104,400 135,600 864,400
4,000,000 2,660,000 2,280,000 1,380,000 367,500 216,000 151,500 848,500
5,000,000 3,460,000 3,080,000 2,180,000 527,500 347,500 180,000 820,000
6,000,000 4,260,000 3,880,000 2,980,000 745,500 507,500 238,000 762,000
8,000,000 6,000,000 5,620,000 4,720,000 1,267,500 997,500 270,000 730,000
10,000,000 7,800,000 7,420,000 6,520,000 1,821,600 1,537,500 284,100 715,900

※上記の式で計算した金額です
※扶養条件なし

当院での治療の流れについて、不明点などあればお気軽におたずねください。岡村歯科 06−6229−6480

このページの先頭へ