審美・矯正歯科

ワンランク上の素材で、あなたの笑顔と健康をUP!~審美歯科~

虫歯治療で歯を削った後、保険適用の多くのケースでは銀色の金属製のもの、いわゆる銀歯が使用されます。しかし、銀歯は最低限の機能を回復するものの、見た目によいものだとはいえません。白い歯列の中で目立つ銀歯を気にするあまり、笑ったときに口元を隠してしまったり、笑顔がぎこちなくなったりしてしまう方も少なくないでしょう。

銀歯でお悩みの方は、お気軽に当院の審美歯科へご相談ください。審美素材にはさまざまなものがあり、いずれも見た目に天然歯と変わらず、耐久性も高い、高品質なものがそろっています。当院では、見た目の美しさだけでなく、機能性も考えた審美歯科治療を行っていますので、安心しておまかせください。

咬み合わせにも配慮した治療を行います

咬み合わせのちょっとした乱れが、顎関節症や全身の歪み、頭痛や肩こりといった不調を引き起こすことがあります。そのため、大阪市中央区北浜の岡村歯科では、インレーやクラウンなどの補綴物を装着する際に、見た目だけでなく、咬み合わせに配慮した治療を行っています。

いつもお口にあるものだから体にやさしい素材を~メタルフリー

時計やアクセサリーなどで引き起こされる金属アレルギーですが、実は銀歯によっても引き起こされることがあるのをご存じですか? 銀歯に含まれる金属は、経年劣化によりイオン化して溶け出しが起こります。唾液に含まれた金属イオンが体内に侵入すると、金属アレルギーを引き起こし、肌荒れなどの悪影響があるのです。

金属アレルギーは遅延型アレルギーのため、銀歯を装着してもすぐに症状が出ることがなく、じわじわと原因不明のかゆみ、かぶれ、倦怠感などを引き起こします。そのため原因の特定が遅くなってしまうことがあります。当院は、検査でしっかり原因を特定することが可能ですので、気になる症状があればぜひご相談ください。また、金属アレルギーを考慮して、当院ではメタルフリー素材をおすすめしています。

精度の高い技工物をご提案するために

補綴物の精度に問題があると、天然歯との接合面に微細な隙間が生じ、そこから虫歯などが再発することが少なくありません。当院では、こういったトラブルを招きにくい、精度の高い補綴物を作製するために、コンピュータで設計・加工を行うCAD/CAMシステム「セレック」を採用しています。セレックを用いることで、精度の高い補綴物が短期間、かつ安価に手に入ります。

当院の取り扱い審美素材・メニュー

オールセラミック(当院おすすめ!)

詰め物・被せ物などに使用される素材のすべてが、セラミックでできています。見た目に天然歯にも遜色のない透明感、美しさを持ちながら、変色や変形などがないのが特徴。加工時に周囲の歯の色に合わせて調整ができますので、自然な仕上がりが実現します。強度・耐久性ともに優れています。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックは、セラミックと樹脂(レジン)をかけあわせた素材です。オールセラミックの欠点であった硬すぎて咬み合う歯を傷つけるといった心配がなく、色調はオールセラミックよりはやや劣りますが、それでも十分な美しさを持ちます。

ファイバーコア

歯にクラウンを装着する際には、歯の土台に芯(コア)を埋め込みます。保険適用での治療では、金属製のコアが用いられますが、神経を失った歯に対して金属は強すぎるため、劣化していく歯質が割れるといったトラブルが起こることがあります。ファイバーコアとは、柔軟性のあるグラスファイバー製のコア。歯の破折を防ぐとともに、上部に透明感のある素材(セラミックなど)を装着したときに、内部のコアの影が透けて見えるということがありません。機能性と審美性を兼ね備えたコアといえます。

ラミネートベニア

ラミネートベニアは、歯を白くしたり、前歯の形を整えたりするときに用いられる処置です。前歯の表面を薄く削り、セラミック製の薄い板をつけ爪のように貼り付けて歯を白く見せます。薬剤を使用するホワイトニングでも白くできなかった歯には、ラミネートベニアがおすすめです。

ジルコニア

見た目にオールセラミックに勝るとも劣らないジルコニアは、審美素材の中でも、最新にして最高品質の素材。素材の生成過程の特徴から、かかった強い負荷を分散させる分子構造を持ち、強い力がかかる奥歯にも使用可能です。

ヒアルロン酸で若々しい口元を手に入れる

歯科で行えるエイジングケアとして、当院ではヒアルロン酸注入をご提案しています。ヒアルロン酸とは、もともと人体にあるゼリー状の弾力のある成分。当院で注入するヒアルロン酸は、天然素材から生成された安全性の高い、人の持っているものに近い高品質なものです。シワなどが気になる唇周辺や歯肉に直接注射することで、ハリやツヤのある若々しい口元が期待できます。ご興味のある方は、お気軽にご相談ください。

整った歯並びで美と健康を手に入れる~矯正治療~

歯並びが乱れていると、ブラッシングがしづらく、虫歯や歯周病を招きやすくなります。また、食事でしっかり噛めない、息漏れなどの発音障害が生じることもあります。また、何より、デコボコした歯並びの見た目が気になって、精神的な負担となってしまうことも少なからずあります。

お口の健康、口元の美しさ、そして気持ちの上で晴れやかさを求めて、矯正治療を選択される方がたくさんいらっしゃいます。当院では、そういった方のサポートをするために、矯正治療のご提案を行っています。難症例や特殊な事例の場合は、信頼のおける専門医をご紹介いたしますので、まずはお気軽に当院へご相談ください。

岡村歯科の矯正治療

矯正治療は「一期治療」と「二期治療」の2つに分けられます。一期治療とは乳歯から永久歯へと生え替わる混合歯列期に行う治療。つまり、こどもの矯正治療です。一方、二期治療は、完全に永久歯に生え替わった大人の矯正治療です。

それぞれの治療の目的、仕組み、性質を十分に考慮して、安全で適切な矯正治療を行う必要があります。当院では、いずれの時期の治療にも、患者さんにしっかりと向き合って丁寧な治療を提供しています。咬み合わせはもちろん、審美性を重視し、目立たない装置の採用なども行っています。歯並びのこと、矯正治療のことで気になることがあれば、いつでもお気軽にご相談ください。

当院の取り扱い矯正装置

ブラケット方式

矯正方法の中でも、歴史が古く、高い治療効果が実証されそのテクニックが確立されているのがブラケット方式の矯正治療です。ブラケット方式は、1本1本の歯の表面に「ブラケット」と呼ばれる部品を取り付け、そこへワイヤーを通して歯に負荷をかけ、少しずつ移動させていく方法。あらゆる症例に対応可能で、素材を変えることで治療効果はそのままに、見た目に響かない治療が実現します。

メタルブラケット

ブラケットにもワイヤーにも金属が使われている装置。もっとも一般に普及しており、もっとも安価に矯正治療ができるが、見た目に目立つことがデメリット。

クリアブラケット

ブラケット部分が透明な装置。治療効果はメタルブラケットと変わらないが、歯の色が透けて見えるため、矯正装置をしていることが目立ちにくい。

セラミックブラケット

ブラケット部分が、色調調整ができるセラミック製の装置。治療効果は変わらず、見た目により自然な矯正治療が可能となる。

MTM(部分矯正)

一部の歯だけを並べ替える矯正方法。費用や治療期間を短く抑えることができることがある。

歯の見た目、咬み合わせなど気になることがあれば、何でもお気軽にご相談ください。岡村歯科 06−6229−6480

このページの先頭へ