Implant
一人ひとりに適した補綴治療を

虫歯治療で削った歯や失った歯の機能を、詰め物や被せ物、入れ歯、ブリッジ、インプラントなどを用いて回復させる治療を、「補綴(ほてつ)治療」といいます。咬み合わせなどの機能性はもちろん、口元の見た目を回復させることも大切な目的です。

一人ひとりに適した補綴治療を

大阪市中央区、北浜駅の歯医者「岡村歯科」では、とくに機能性・審美性の高いインプラント治療をおすすめしていますが、症例などによっては入れ歯をご提案するケースもあります。一人ひとりに適した補綴治療で、しっかり咬めるお口を取り戻しましょう。当院は地下鉄堺筋線・京阪北浜駅直結、大阪証券取引所ビル内で好アクセスです。

高い技術と豊富な実績による安心のインプラント治療を

失った顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、上部に被せ物を装着してお口の機能と見た目を回復させるインプラント治療。当院院長は、日本ではまだ歴史の浅いインプラント治療にかなり早い段階から携わり、すでに20年以上の実績を重ねてきました。

高い技術と豊富な実績による安心のインプラント治療を

南カリフォルニア大学留学時代の恩師、スタンバー教授・バハト教授の指導を経て、現在も国際口腔インプラント学会認定医として、欧米でスタンダードになりつつある「痛みのない先端インプラント治療」の実現を目指しています。

外科手術を伴うインプラント治療には、歯科医師の技術や実績が欠かせません。インプラント治療は、安心して当院にお任せください。

インプラント治療における注意点やデメリットを知っておきましょう

インプラント治療には、「自分の歯のようにしっかり咬めるようになる」上に「自然で美しい見た目」を手に入れられ、さらに「周りの歯に負担をかけない」など、たくさんのメリットがあります。しかし、それと同時にデメリットもあるのが事実です。治療を選択する際には、デメリットまでしっかり理解しておきましょう。

Demerit 01
比較的費用が高額になる
Demerit 02
全身疾患の状態によって
適用できない
Demerit 03
定期的なメインテナンスが必要
先端医療のため保険が適用されず、自費診療となります。 外科手術が必要になるため、心疾患や糖尿病、高血圧といった全身疾患があると、治療を受けられないケースもあります。 インプラント自体は劣化せず、半永久的に使用できますが、歯周病の症状を持つ「インプラント周囲炎」を起こしやすいため、メインテナンスが欠かせません。
Demerit 01
比較的費用が高額になる
先端医療のため保険が適用されず、自費診療となります。
Demerit 02
全身疾患の状態によって
適用できない
外科手術が必要になるため、心疾患や糖尿病、高血圧といった全身疾患があると、治療を受けられないケースもあります。
Demerit 03
定期的なメインテナンスが必要
インプラント自体は劣化せず、半永久的に使用できますが、歯周病の症状を持つ「インプラント周囲炎」を起こしやすいため、メインテナンスが欠かせません。
当院のインプラント治療の特徴~高品質な治療のために~

世界一の品質を誇るインプラントシステムの採用

世界一の品質を誇るインプラントシステムの採用

インプラントシステムにはさまざまな種類がありますが、当院では世界一の品質と安全性を誇る、スウェーデンのノーベルバイオケア社のものを採用しています。同社のインプラントシステムにはすべて10年保証がついており、また広く普及していることから、もし転居などをされた場合にも、転居先でメインテナンスに対応できる歯科医院を探しやすいというメリットもあります。

安全な治療のための先端機器の活用

安全な治療のための先端機器の活用

当院では、インプラント治療の診断および治療計画の立案に欠かせない歯科用CTには、信頼のおけるドイツ製のものを導入。またインプラント埋入時の手元のブレ・ズレを防ぎ、一人ひとりに適した角度や深さでの埋入を実現するサージカルガイドにも、信頼性の高いノーベルバイオケア社のものを採用しています。

当院の特殊なインプラント治療メニュー

当院では一般的なインプラント治療はもちろんのこと、特殊なインプラント治療にも対応が可能です。「顎の骨が少ない」などを理由に、他院で治療を断られてしまった方も、一度当院までご相談ください。

無切開インプラント(フラップレス)
歯ぐきを切開・剥離することなく、小さな穴を開けてインプラントを埋入する方法です。傷口が小さく、出血や腫れ、痛みなどを軽減でき、傷口の治癒も早いというメリットがあります。
ALL ON 4(インプラントオーバーデンチャー)
片顎につき最低4本のインプラントを埋め込み、それを固定源にして総入れ歯を装着する方法です。入れ歯のずれやもたつきがなくしっかり咬める上に、取り外せるためお手入れもしやすい点がメリットです。
グラフトレス
「グラフト=骨移植・骨造成」を「レス=しない」で行うインプラント治療です。顎の骨量が少ないケースでも、骨のある部分を選んだり角度を調整したりするなどして、インプラントの埋入を可能にします。
抜歯即時・即時埋入
抜歯と同時にインプラントを埋入する方法です。通常のインプラント治療では抜歯してから期間を置く必要がありますが、この方法であれば治療期間を大幅に短縮できます。また埋入と同時に仮歯を装着できるため、歯がない期間もありません。
サイナスリフト
上顎の骨量が足りない場合に行う治療です。歯ぐきの側面から、上顎の骨の上にある膜をはがして上顎洞底を持ち上げ、できた空間に骨補填材を入れて骨造成を行います。
ソケットリフト
サイナスリフトと同じく、上顎の骨量が足りない場合に行う治療です。インプラントを埋め込む側から上顎洞底を持ち上げ、できたスペースに骨補填材を入れて骨造成を行います。サイナスリフトと違って歯肉を切開するなどの必要がなく、術後の腫れや痛みを軽減できます。
GBR法
こちらも、骨の再生を促す治療法です。骨を再生させたい部分にメンブレンという特殊な膜を入れてスペースをつくり、骨補填材を入れて骨の再生を促します。
ピエゾサージェリーを用いた骨再生治療
ピエゾサージェリーとは、神経や血管、粘膜などの軟組織を傷つけることなく、3次元超音波振動を顎の骨に作用させて骨を再生させる機器です。ごく小範囲の骨再生治療を、安全に行うことができます。
インプラント治療の料金について
骨再生治療・骨移植 55,000~110,000円(税込)
歯肉移植 55,000~110,000円(税込)
サイナスリフト 110,000~165,000円(税込)
インプラント1本 308,000円(税込)
インプラント補綴 132,000円(税込)
無切開手術 60,500円(税込)
静脈鎮静麻酔 71,500円(税込)

古くから親しまれる補綴治療~入れ歯治療~

入れ歯は、失った歯の機能を回復させる治療として、古くから選ばれているものです。手術が不要だったり費用を抑えられたりするメリットがありますが、「ずれやすい」「咬みにくい」「見た目が目立つ」などのデメリットがつきものです。

古くから親しまれる補綴治療~入れ歯治療~

当院では患者さん一人ひとりのお口の状態を詳細に調べ、従来の不具合を解消する入れ歯をおつくりしています。「今の入れ歯に不満がある」「手術はしたくない」という方は、お気軽にご相談ください。

保険入れ歯と自費入れ歯

入れ歯には、保険が適用されるものと自費になるものがあります。その違いは次の通りです。

  保険入れ歯 自費入れ歯
メリット
  • 費用を抑えられる
  • 修理しやすい
  • 治療期間が短い
  • 使用できる素材や様式に制限がない
  • 床を薄くしたり、軟性のある素材を使ったりすれば、お口にフィットした咬みやすいものがつくれる
  • 見た目が自然
デメリット
  • 使用できる素材や様式がかぎられている
  • ずれたりはずれたりしやすい
  • 床が厚く違和感がある
  • 咬む力の回復はある程度まで
  • 見た目が入れ歯とわかりやすい
  • 比較的費用が高額になる
  • 比較的治療期間が長くなる
  • 様式によっては修理が難しいものもある

※表は左右にスクロールして確認することができます。

~バネのない自然な入れ歯「ノンクラスプデンチャー」~

「部分入れ歯の金属のバネが目立つのが嫌だ」という方は多いのではないでしょうか。そういった方におすすめするのが、バネ(クラスプ)がない入れ歯「ノンクラスプデンチャー」です。

~バネのない自然な入れ歯「ノンクラスプデンチャー」~

歯ぐき部分が自然なピンク色の軟性を持つ特殊な樹脂でつくられており、見た目が自然な上にフィット感がよく、従来の部分入れ歯のお悩みを払しょくしています。また床部分を薄くできるため軽く、違和感が少ないことで発音もしやすくなるなど、多くのメリットを持っています。

親知らずでお悩みの方へ~口腔外科~

奥歯のさらに奥に生える親知らずは正しい向きで生えることが少なく、横を向いたり斜めになったりしているために強い痛みに加えさまざまなトラブルを招きます。たとえば虫歯や歯周病になりやすかったり、横を向いて手前の歯を強い力で押して、歯並びを乱してしまったりするのです。

親知らずでお悩みの方へ~口腔外科~

このような親知らずは多くの場合抜歯しますが、状態によっては残せるものもあります。当院では親知らずの抜歯に対応していますので、一度お気軽にご相談ください。

親知らずを抜いたほうがいい場合・抜かなくていい場合

「親知らず=抜歯」と思われている方は多いかもしれません。しかし実際には、必ずしもそうではないのです。親知らずを抜くか抜かないかの判断は、診察の上で行います。親知らずが気になっている方は、お早めにご相談ください。

抜いたほうがいい場合 抜かなくていい場合
  • 親知らずや手前の歯が虫歯になっている、もしくはなる可能性が高い
  • 手前の歯を強い力で押し、歯並び・咬み合わせを乱している、もしくは乱す可能性が高い
  • 親知らずが歯ぐきに埋まった状態で、中で膿が出て痛みがある
  • 正しい向きできちんと生えており、とくに問題がない
  • 残しておくことで、ほかの奥歯への移植に活用できる可能性がある
抜いたほうがいい場合
  • 親知らずや手前の歯が虫歯になっている、もしくはなる可能性が高い
  • 手前の歯を強い力で押し、歯並び・咬み合わせを乱している、もしくは乱す可能性が高い
  • 親知らずが歯ぐきに埋まった状態で、中で膿が出て痛みがある
抜かなくていい場合
  • 正しい向きできちんと生えており、とくに問題がない
  • 残しておくことで、ほかの奥歯への移植に活用できる可能性がある