予防歯科

お口のトラブルは予防できます~予防歯科~

お口のトラブルの代表的なものである虫歯歯周病は、ほとんど自覚症状がないまま進行してしまう病気です。そのため、何らかのサインに気がついたときには、かなり進行しており、治療が必要になることがほとんど。治療はどんなに小さいものでも、歯の寿命に影響を与えます。特に、天然歯を削ると、二度と元には戻すことができません。

虫歯や歯周病は、原因がはっきりしているため、予防できる感染症です。岡村歯科では、予防に力を入れています。豊富な予防メニューをご用意し、お口の健康管理のプロフェッショナルである歯科衛生士も常駐させています。何もトラブルがないときからの予防がもっとも有効。ぜひ積極的に活用してください。

当院の予防歯科メニュー

定期検診

お口の専門家が、あなたの口腔内にトラブルの予兆がないかチェックします。自覚症状がなくとも、プロによって虫歯や歯周病の兆しが発見されることが多々あります。早期に発見できれば、身体的ダメージの少ない処置ができるばかりか、時間的・経済的な負担の軽減につながります。

歯垢の染め出し

染め出し液をお口に含むことで、虫歯菌・歯周病菌の潜む歯垢を着色し、可視化します。予防のためには、毎日のブラッシングで歯垢をしっかり落とすことがもっとも重要ですが、完璧にできている方はほとんどいらっしゃいません。歯垢の染め出しによって、みがき残しの傾向を知って、より適切なブラッシング方法を身につけましょう。

ブラッシング指導

歯並びや咬み合わせなど、お口の中の状況は人それぞれ。当院のブラッシング指導では、一人ひとりのお口に合わせて歯ブラシの選び方、動かし方、タイミングなど、みがき方のコツをお教えいたします。

カリエスリスク診断(唾液検査)

歯垢や唾液を採取して調べることで、虫歯になるリスクを測定できます。歯垢の中に生息している虫歯菌の数、口腔内の自浄効果がある唾液の性質により、虫歯に強いお口であるかどうかを判定します。

フッ素塗布

歯の表面では、カルシウムなどのミネラル分が溶け出す脱灰(だっかい)と、再び取り込まれる再石灰化(さいせっかいか)が普段から繰り返されています。このバランスが崩れ、再石灰化が間に合わなくなると、虫歯になります。

歯の再石灰化を促す作用があるフッ素を歯の表面に直接塗布することで、虫歯に強い歯を作ります。乳歯ばかりでなく永久歯にも効果があります。

PMTC

PMTCは、専門器具を用いた歯のクリーニングです。どんなに丁寧にブラッシングを行っていても、完璧に汚れを落とすことは不可能です。そのため、定期的に専門家による徹底的なクリーニングを受けることが予防のためにも重要。PMTCでは、歯と歯の間、歯と歯ぐきの間など、汚れがたまりやすい場所をきれいにし、虫歯や歯周病を予防します。また、ツルツルにみがきあげるため、歯垢の再付着も防ぎます。

咬み合わせチェック

咬み合わせの乱れは、お口の健康や全身の健康に悪影響を及ぼします。特に、無意識に行っている噛み締めなどは、体へのダメージが大きいもの。全身のバランスを歪ませ、肩こりや頭痛を招いてしまうことがあるのです。当院の予防歯科では、咬み合わせに乱れがないかチェックして、お口から全身の健康を守ります。

生活習慣指導

歯と歯ぐきの健康には、毎日の生活習慣が大きく影響しています。食生活や睡眠時間、飲酒・喫煙習慣などは、感染症である虫歯や歯周病にも関係してくるのです。当院では、生活習慣をお聞きし、お口の健康に悪影響を及ぼしている要因があるか、あれば、その解消法を指導しています。

3DS

3DS法とは、細菌が生息するバイオフィルムを破壊して、お口の中の悪い細菌の数を減らす、お薬を使った予防処置です。「リテーナー」と呼ばれるマウスピースに専用の抗菌剤を入れて装着することで、歯の表面に付着したバイオフィルムに直接働きかけ、除菌を行います。虫歯菌や歯周病菌の数が多い人におすすめです。

お口のトラブルがないときから、予防のためにご来院ください。岡村歯科 06−6229−6480

このページの先頭へ