根管治療

ご自身の歯を残すための大切な治療~根管治療~

虫歯が重度になると、歯の内部の血管や神経が通った歯髄(しずい)まで虫歯菌に冒され、激しい痛みに襲われます。ここまで虫歯が進行すると、かつては抜歯するしか方法がありませんでした。しかし、抜歯は歯列のバランスを大きく崩すリスクとなるため、できれば避けたい方法。

そこで登場したのが、虫歯に汚染された歯髄を取り除き、殺菌・消毒して密封する「根管治療」。歯髄を取った歯は、栄養が行き届かず乾燥することで割れやすくなりますが、それでも、抜歯して人工歯を入れるよりも、天然歯の根っこを残すほうがお口の健康のためには有益なのです。

根管治療の難しさ

根管治療では、根管内部から細菌を取り残すことなくきれいに汚染組織を取り除く必要があります。密封された歯の中に虫歯菌が残ると、神経がなくなって痛みを感じない歯の中でどんどん進行してしまい、再治療が必要となってしまうのです。二度目以降の成功率は、著しく低下してしまうもの。そのため、初回の根管治療で失敗しないことが重要です。

高性能な設備・器具で高精度の根管治療を

根管内は肉眼では確認できないほど細く入り組んだ形状をしています。そのため、根管治療ではこれまで歯科医師の経験と勘、技術力に頼る部分が多くありました。しかし、現代の医療技術の進歩で、人間の不確実性をカバーできるようになってきています。

当院では10年以上前から、歯科用の光学顕微鏡であるマイクロスコープを根管治療に使用し、精密な治療を実現しています。さらに、治療を行う歯以外をゴム製の膜で覆うことで、周囲の歯や組織からの細菌の侵入を防ぐラバーダムも使用。これは器具や歯の欠片などが誤って口腔内や喉に落ちないようにすることにも役立ちます。また、歯の内部から汚染された歯髄を掻き出す際には、強度が高くしなやかさを持つNiTi(ニッケルチタン)ファイルを使用しています。

光殺菌で歯周病菌を完全除菌

当院の根管治療では、殺菌をより確実に行うために、通常の処置に加え、「光殺菌」も採用しています。光殺菌は、これまでの治療法では除去しきれなかった細菌までも死滅させることができるため、感染の再発防止に役立っています。

当院の根管治療についてのお問い合わせ、また、ご予約はお電話でお気軽にどうぞ。岡村歯科 06−6229−6480

このページの先頭へ