最新設備について

精密で精確な治療のご提案のために~最新設備導入の取り組み~

高水準の治療を提供するためには、高性能機器の使用が欠かせません。大阪市中央区北浜の歯医者「岡村歯科」では、より安心・安全な治療を患者さんへご提供するために、最新の検査・治療機器を採用しています。当院が導入している機器をご紹介します。

歯科用CT

歯科用CTは、精度の高い診査・診断を実現する装置です。顎の骨量や形状、歯の位置、根の形、お口の中の病気の状態など、三次元立体画像としてコンピュータ上に詳細に再現。肉眼では確認できないお口の中の様子がしっかり把握でき、精確な治療計画立案に役立ちます。

こんな治療で使用できます
  • インプラント治療
  • 口腔内の病気
  • 根管治療や歯根部の病気
  • 重度の歯周病治療
  • 親知らずの抜歯
  • 矯正治療

セレック

セレックは、セラミック製のインレー(詰め物)やクラウン(被せ物)といった補綴物を作製するCAD/CAMシステムです。患者さんのお口の3Dデータ取得から、ディスプレイでの設計、専用機械によるセラミック加工までの一連の動作を無駄なくスムーズに行えます。セレックを用いることで、精密で美しい補綴物を実現します。

セレックで作る補綴物の特徴

美しい

天然歯に近い色調に調整可能なセラミックを使用することで、美しい補綴物ができあがります。

体にやさしい

セラミックは金属不使用のため、金属アレルギーの心配がない体にやさしい素材です。

長持ちする

高品質とされたゴールドと同程度の強度があり、変色や変形の心配がありません。

スピーディ

複雑な工程をコンピュータシステムが担うことで、スピーディに作製できます。早ければ、当日中にセットも可能です。

お求めやすい

保険適用外となりますが、工程をシステム化することで、これまでより経済的に、審美性の高い補綴物を手に入れられます。

マイクロスコープ

マイクロスコープは歯科用顕微鏡です。患部を最大20倍に拡大して見ることができる歯科用顕微鏡です。ライトを照射しながらマイクロスコープを使用することで、肉眼では見ることができない暗く狭い口腔内も、細部までしっかり確認しながら治療が行えます。歯科医師の技術力や勘に左右されがちな根管治療や、精密さが求められるインプラント治療、適合のよい審美歯科素材の装着など、さまざまな場面で活躍しています。

光殺菌(LAD)

光殺菌とは、虫歯歯周病など、細菌に汚染された患部に「光感受性物質」を注入し、特殊な光を当てることで殺菌する方法。細菌に取り込まれた光感受性ジェルは、特定の波長の光を受けることで「活性酸素」を大量に生み出し、細菌の細胞壁や細胞膜だけを破壊します。お薬(抗生物質)を使わず、痛みも副作用もないために繰り返し行える、体にやさしい治療法です。通常の治療法に加えて行うことで、「とどめの一撃」となる殺菌効果が期待できます。

当院が導入している機器について興味・関心がある方はお気軽にお問い合わせください。岡村歯科 06−6229−6480

このページの先頭へ